• ホーム
  • レビトラは3大ED治療薬の1つと言われている

レビトラは3大ED治療薬の1つと言われている

旅行するカップル

ED症状に悩む男性にとって、服用することでED症状を改善できる治療薬は非常に心強い存在です。
世界中で数多くの愛用者を誇る3大ED治療薬というものがありますが、その中でも特に高い人気を集めているのがレビトラという薬です。
レビトラは2番目のED治療薬としてドイツで開発された薬で、日本でも2004年に認可されました。
世界で初めて開発されたED治療薬の欠点を改善した新しい薬として注目を集め、発売されるやいなや世界中で多くの支持を集めています。
レビトラを服用することで、血管の拡張を阻害する特殊な酵素の働きを邪魔することが主な働きです。
これにより血管の拡張が保たれ、十分な血液が男性器に届くことでスムーズな勃起が可能になります。
効果はあくまでも血管の拡張を助けるものなので、レビトラを服用すれば無条件で勃起できるというわけではありません。
勃起するには性的刺激や興奮が必要不可欠になるので、きちんとシチュエーションを整えておく必要もあります。
効果の持続時間は有効成分の配合量や体質によっても異なりますが、10mg配合タイプは5時間から6時間、20mg配合タイプは最長で10時間まで持続させることができます。
即効性と持続性のバランスが良い優秀なED治療薬ですが、頭痛や吐き気などの副作用が現れることもあるので注意が必要です。
初めて服用する人は副作用が心配なので、必ず医師の指導を受けつつ試すようにしましょう。
レビトラ最大の特徴は、服用してから効果が現れるまでの時間が非常に速いという点です。
用法や用量を守って正しく服用した場合、約20分ほどで効果を実感することができます。
他のED治療薬より格段に即効性が高いので、急に性行為をすることになっても慌てる必要がありません。
さらに、レビトラには食事の影響を受けにくいという特徴もあります。
これはED治療薬としては画期的なメリットなので、詳しい内容を知って役立てていきましょう。

レビトラは食事の影響を受け辛いのが長所

シアリスはその「使いやすさ」ゆえに世界中で支持されています。
「持続時間が長い」という大きな特徴があり、その効果持続時間は最長36時間ほどあります。
そのため飲んだ日だけでなく翌日以降にも効果が発揮され、非常に使いやすい薬です。
その効果の長さから海外では「ウィークエンドピル」と呼ばれることもあります。
金曜の夜に飲めば日曜まで効果が続くため、週末用ピル「ウィークエンドピル」といわれているのです。
持続時間が長いことは「パートナーにバレづらい」というメリットがあります。
効果が短いED治療薬は、性行為の直前に使用する必要があります。しかし性行為は、「事前にいつ行う」といったメドがたたない場合も多い。
自然な流れの中ではじまるような行為の場合には、いざそれを予期した時点ではパートナーが近くにいるため薬を飲むのが困難だ、という不満をもった人が多かったのです。
そのため直前に飲まなくても大丈夫なシアリスが支持されました。
またシアリスは飲むタイミングを気にする必要がなく、食事などによる影響も少ないのも特徴です。食前でも食後でも、いつ服用しても問題はありません。
ただし効果を最大に発揮させたいのであれば、より望ましいタイミングで服用することが大切です。
具体的には「空腹時」に飲むことです。一度身体に吸収されてしまえばその後の食事の影響は受けないので、服用から2時間ほど経過したあとは普通に食事をして大丈夫です。
またアルコールの飲みすぎには注意が必要です。過度のアルコールは性的興奮の低下につながります。
ED治療薬はあくまで「性的刺激があったとき」に勃起をしやすくするためのものであり、そもそも性的刺激がなかったり、それが弱い場合には効果は発揮されません。
シアリスの通販情報
シアリスは病院処方を受けて使用し、問題が無かった上であれば通販で同じものを購入して使用するのも良いでしょう。
おすすめの通販サイトを紹介しておきますので、要チェックです! シアリスを通販で買うなら「薬の通販オンライン」を推します