• ホーム
  • EDの症状とその種類について

EDの症状とその種類について

EDの症状には原因の種類などのそれぞれの状況によっていくつかの種類に区分されます。
機能性勃起不全は心因性勃起不全とも言われていて、何かしらの心理的な影響により勃起不全になる状態を言います。
身体に原因があるのではなくメンタル的にEDの原因があるでしょう。
原因となる出来事に心当たりはあるけれども、今まで勃起していたものが起たなくなりショックを受けてしまうと多くの人が戸惑います。
医師に相談する人もいて、潜在的機能性EDの人は意外と多いと言われています。
器質性の勃起不全は身体機能に何かしらの異常や障害などがあり、そのために勃起することができないことです。
細かく区別すると陰茎性や神経性、中枢神経や脊髄神経、末梢神経や血管性、内分泌性などの複数の種類に区分されます。
原因はいろいろありますが手術や外傷などによって神経に障害がある場合や、病気などから血流障害などが起きてしまいEDになるケースなどもあります。
人によっては薬剤が原因の場合もあり、身体に影響を与えることがきっかけになり器質性勃起不全になるケースが多いでしょう。
例えば頭部や脊髄・骨盤などの手術や受傷による神経機能低下や欠損などにより起こったり、抗アンドロゲン薬や喫煙過多などの副作用や化学物質などが原因でも起こります。
混合性勃起不全は機能性勃起不全と器質性勃起不全が組み合わさっている状態で、さまざまな要因が絡み合うことにより結果として勃起不全をもたらしていて、原因を特定することが困難なです。
心疾患や末端血管障害、高血圧や肝機能障害、腎機能障害などの疾患が原因となっていたり心因性のきっかけによって混合性勃起不全になります。
症状を改善するにはタバコやアルコールなどの生活習慣などを見直したり、生活における悩みや不安・ストレスを軽減することから改善される場合もあるでしょう。
医師に相談する人も多く、一度クリニックを訪れてみることをおすすめします。

器質性EDは治療が困難な病気です

器質性EDになってしまうと心因性と異なり治療のハードルは跳ね上がります。
心因性の場合にはメンタル面の問題ですから生活習慣を改善することや不安を軽減すること、またED治療薬を使うことで症状を大幅に改善することが可能ですが、器質性ではこのようなメンタルや生活習慣では改善が期待できません。
器質性EDの種類にはいくつかありますが、基本的な原因は血管や神経による障害に起因します。
このような障害が出る原因としては生活習慣によって引き起こされた糖尿病や高血圧、脂質異常症などでこれにより血管や神経が障害を受けることになるものです。
これはEDに限らず身体のあらゆる場所に現れ、その機能を低下させていきますが血管の異常としては動脈硬化が考えられます。
一度、動脈硬化が始まると改善することは困難で、そのため治療をしても機能低下を防ぐだけで機能回復までには至りません。
また勃起に必要な神経伝達に障害が出ると、性的刺激を受けてもペニスにまでその情報が伝わらずに勃起が起こらなくなります。
神経障害は脳の病気などのほか自律神経障害が起これば勃起が起こらなくなりますし、神経そのものが損傷すると回復させることは困難であり致命的にEDそのものを改善させることは不可能です。
生活習慣によって引き起こされるほかにも手術や外傷でも血管や神経に障害が出る場合がありますし、薬による副作用でも起こりえますが、初期の器質性EDであれば早期に原因を取り除くことができれば回復も期待できますが、重症化している場合には根気よく治療をしても改善が見られないケースもあります。
このため器質性EDが疑われる場合にははやめにクリニックを受診して治療を受けることが致命的なEDにならないためにも大切です。